食生活の改善によるシミ対策

果物などを食べてシミをケアする時には

シミが肌にできる原因は、紫外線を浴びた時に作られる活性酸素がメラニン色素が作られてしまうからです。すでに出来てしまったシミを薄くしたいなら、ターンオーバーを正常化させて古い角質と一緒にメラニンがシミになる前に皮膚から剥がれるようにしなくてはいけません。そのためには、食生活を見直してビタミンCの摂取量を増やす対策が有効です。ビタミンCはメラニンの還元作用があるので、これからできるシミも予防できますし、今あるシミの色を薄くする力も持っています。

果物はビタミンCがたっぷり入っているので、シミ対策にレモンやキウイフルーツなどを食べる人も多いでしょう。食べるタイミングは、ソラレンという成分が紫外線を吸収しやすいので、なるべく夕方以降にするのが無難です。

肌にも健康にもいいリコピン

シミ対策に役立つフルーツは豊富にあるので、味が好みのものや手に入れやすいものを選べばいいですが、野菜の場合はどうでしょうか。いろいろありますが、スーパーやコンビニで手軽に購入することが出来て、生でも食べやすく加熱調理しても美味しく食べられるトマトが適役です。トマトにはビタミンEよりも優れた抗酸化作用を持つリコピンや、シミ対策に必須のビタミンCなどが多く存在しているので、美容にも健康にも役立ちます。ビタミンCは真皮層のコラーゲンの合成を促すので、乾燥した肌に潤いが戻り、バリア機能が正常に働くようになるでしょう。

リコピンが優れているのは、他の成分とは異なり、熱に強くて肌に蓄積する性質を持っているからです。普段からリコピンの量をキープしておけば、シミのできにくい肌質を作っていけるかもしれません。