シミのできるメカニズム

紫外線によるダメージが大きい

シミができる大きな原因と言われているのが「紫外線」です。紫外線は肌にとって大きなダメージとなります。そのダメージから肌細胞を守るために、メラニン色素という色素を作り出すのですが、このメラニン色素がシミを招くのです。通常、メラニン色素は肌のターンオーバーという働きで、古い角質と一緒に排出されます。ですが、紫外線を浴び続けてしまうと排出が間に合わなくなり、メラニン色素が蓄積して結果、シミとなって肌表面に現れてくるのです。さらに紫外線によるダメージは、肌のバリア機能も低下させます。バリア機能が落ちるとより紫外線のダメージを受けやすくなり、さらにシミができやすい肌状態となるので注意が必要です。このようなことからシミ対策は、紫外線予防が必要不可欠なのです。

肌への摩擦も原因になる

シミができるメカニズムとして、肌への摩擦も考えておかなければいけません。洗顔時に肌をゴシゴシと強く擦ったり、化粧水をつける時にコットンを使い、パンパンと叩くようにパッティングすると肌には大きな摩擦によるダメージが加わります。このような摩擦もメラニン色素の生成を増やす原因の1つです。肌に良いと思ってやっていたスキンケアが、かえってシミを招くこともあるのです。シミ対策を考えるのであれば、スキンケア時にできるだけ肌を擦らないようにしましょう。例えば、洗顔をするときは洗顔料をたっぷりと泡立てて肌を擦らない、基礎化粧品を使い保湿する際も摩擦を考えて優しく手で馴染ませる程度にします。たったこれだけのことですが、毎日続けることでシミ対策となるのです。