シミ予防においてのタブー

紫外線対策はしっかり行う

せっかく美白化粧品などでシミを減らそうと頑張っていても、紫外線を浴びてしまっては意味がありません。夏場は紫外線が強いですから、外に出る時には、日焼け止めや日傘、帽子などで紫外線対策をしている人がほとんどですね。しかし、室内にいる時はつい手抜きになっていませんか。紫外線は窓越しからも侵入してきて、肌の奥まで入り込んでしまいます。家やオフィスの中でも油断しないで、しっかりと日焼け止めやUVカット化粧品で紫外線対策をしておきましょう。夏場以外でも紫外線は降り注いでいますから、夏ほど本格的でなくてもかまわないので、UV対策しておくのがおすすめです。毎日の紫外線対策が将来のシミを予防してくれて、若々しさをキープしてくれます。

美白ケアの前に保湿を重視

シミ予防というとやはり美白ケアが一番に思いつきますね。美白ばかりやっていて、肝心の保湿が足りていない場合もあります。保湿は肌の乾燥をしっかりと防いで、肌を健康な状態に保ってくれます。保湿不足だと肌が健康ではなくなって外部刺激に弱くなり、紫外線の影響を受けやすくなります。本来ならシミができない健康な肌なのに乾燥でメラニンが作られてしまって、数年後にシミとして肌に現れてくる可能性もあります。ターンオーバーが乱れて今あるシミが排出されにくくなりますから、シミが肌にずっと居座ってしまいます。保湿できていてこそ美白ケアが生きてきますから、美白と共に保湿を徹底するようにしましょう。保湿されて健康な肌なら美白成分が肌の奥まで届きやすく、シミ予防効果も高まります。